Browse Month: 1月 2015

芥川賞作家・綿矢りさが結婚したことが分かりました。

所属事務所のホームページによると芥川賞作家・綿矢りさが、国家公務員と結婚したことが分かりました。

綿矢りさは、「良い人とめぐり会えた幸せを糧にして、書くお仕事と家庭の両立を目指します」とコメントしています。

綿矢りさは、1984年2月に京都市左京区に生まれた小説家です。

綿矢りさは、京都市立紫野高等学校在学中に、「インストール」で文芸賞を受賞し、作家デビューしました。

早稲田大学在学中の2004年に、「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞しました。

綿矢りさは、芥川賞の最年少受賞記録で話題になりました。

2012年には、「かわいそうだね?」で大江健三郎賞を受賞しました。


作家は、作品によって収入の増減の激しい職業です。

作品が売れると収入が増えますが、作品が売れないと収入が激減します。

作品が売れないあいだは、アコムでカードローンして生活費を補充し、作品が売れてからカードローンしたお金を計画的に返済すると、収入の増減に影響されない生活をおくることができます。

  • 1
  • 2