「ドラえもん学」より  元気と勇気がわいてくる 「のび太の名語録」 その2

のび太の言葉には教えがつまっている
 『ドラえもん』登場人物の中で、最も吹き出し(せりふの入る枠)が多いのは、やはり、のび太。


短編では全せりふの約4割が、のび太の言葉です。


のび太の言葉を詳細に分析するうちに、私は、そこにすばらしい教えがたくさん詰まっていると気づ
きました。

人生を楽に、自分らしく生きながら夢を叶えるヒントが、そこかしこに見つかるのです。


 ここでは、吹き出し数にして約3万6千もある、のび太のせりふの中から、「のび太の名言ベスト10」
を選んでみました。


のび太の名言録  第10位
<場面状況>
 のび太は「タイムマシン」で25年後の世界に行き、将来の自分にあって、いろんなことを話すことが
できた。

別れるまぎわ、現在ののび太が「じゃ、やる気はなくしてないんだね」と尋ねると、将来の
のび太は「当たり前さ。

人生はまだまだ長いんだ。

これからが勝負だよ」とキッパリ答えた。

そして、
「しっかりやろうね、おたがいに」と、2人は両手でがっちり握手を交わした。


 タイムマシンで帰る途中に、のび太は「よおし!がんばるぞ。

だらしないくらしをやめて毎日きちん
と勉強して」と力強く宣言した。

しかし、野比家に到着したとき、のび太はタイムマシンの出口となって
いる机の引き出しから上半身を出し、左右の両拳を大きく開きながら、「毎日がんばりつづけるのは
たいへんだから、一日おき・・・・・。

いや、二、三日おき・・・・・。

いや、やれるはんいでがんばるぞ!」
と大きくトーンダウンしていた。

それを聞いたドラえもんは「うん、そのていどの決心なら守りとおせる
だろう」と、うなずいていた。


第9位以降は次回にお届けします。


PR.美容・健康・ダイエットの情報はこちらからどうぞ美容コスメ・スキンケアのお得情報で確認しましょう。