ネットでPPC広告の分析からすると、名刺で、月商1000万超 という企業が、20社以上あるといえます。

活版時代の名刺を知っている私にしてみれば、合点がいきます。


若者にも、夢を与えることができる事業です。


今、そうなっているのです。


オフセット屋さんには、理解できません。


自社の設備と比べると、いかに安易か。


オフセット4色機 A3でも1億はする設備が、
いりません。


2・3百万のカラーコピー機での営業をしている企業もあります。


参入の障壁が低い。


活版の名刺がいいという人もおいでになりました。


活版世代は、ドンドン定年退職し、
団塊の世代が、定年を迎える時代です。


名刺に関する活版こだわり世代はなくなりました。


ネットでPPC広告の分析からすると、名刺で、月商1000万超
という企業が、20社以上あるといえます。