住宅ローンの支払いが滞った場合の問題点と解決策

住宅ローンの支払いが滞った場合の問題点と解決策
住宅を購入して幸せな生活を送っていた名古屋市の方々も、物価の高騰などの理由で、住宅ローンの支払いに困っていることがあります。
この記事では、住宅ローンの支払いが滞ってしまった場合における、問題点と解決策について詳しく説明します。
まず、住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、どのような問題が起こるのでしょうか。
参考ページ:名古屋市で住宅ローンの支払いが滞った不動産を売却する方法は?
最終的には不動産が差し押さえられ、競売にかけられる可能性がありますが、すぐに競売されるわけではありません。
支払いが滞った場合の流れについて、以下にご説明します。
①必督促状が送られてくる 住宅ローンの支払いが滞ると、1ヵ月から2ヵ月程度で金融機関から督促状が送られてきます。
督促状とは、支払い期限を過ぎても支払いが確認されていない場合に、支払いを促すための書類です。
もし未納分を支払うことができれば、大きな問題にはなりません。
②ブラックリストに登録される 支払いが滞納して3ヵ月程度経過すると、信用情報機関のブラックリストに登録されることになります。
ブラックリストに名前が載ると、新たな住宅ローンの契約やクレジットカードの取得が困難になってしまいます。
③一括での支払いを要求される さらに支払いを滞納し続けると、金融機関から契約の継続が不可能と判断され、一括返済を求められることになります。
しかしながら、住宅ローンの支払いが既に滞っているため、一括返済を即座に行うことは困難です。
この場合、法律により支払い期限の猶予がなくなり、住宅ローン契約者の支払い義務が保証会社に移されます。
つまり、保証会社が残りの住宅ローンを代わりに支払うことになりますが、返済義務はなくなるわけではありません。
支払い先が保証会社に変わるというだけです。
このように、住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、様々な問題が生じる可能性があります。
それを解決するためには、早めに相談を行い、返済計画の見直しや、ローンの借り換え、不動産の売却などの対策を検討することが重要です。
信頼できる専門家や金融機関と相談し、最善の解決策を見つけることが大切です。
住宅ローンを滞納している不動産の売却方法
住宅ローンを滞納している場合、返済を保証する会社に対する返済も1ヶ月滞ると、競売の手続きが申し立てられます。
競売では、家の査定が行われ、その結果は裁判所のホームページで公開されます。
そして、公開から2週間後に競売が開始され、買い手が見つかったら1ヶ月で強制退去させられます。
この場合、引っ越し費用は自己負担となります。
競売にかけられてしまうと、この不動産は一般の相場価格の6割から7割程度で売却されてしまいます。
もし、競売での売却価格でも住宅ローンを完済できなかった場合、その差額についてはまだ返済義務が残ってしまいます。
こういった問題を避けるために、住宅ローンを滞納している不動産の売却方法についてご紹介します。