腰痛のない寝方

朝起きるときに腰痛があると、それだけで一日中身体がだるく感じたり、やる気が出ないなんてことにもつながります。

腰痛のない寝方をすることは、身体の疲れを取ることにもつながるのです。


眠る時の姿勢にはいろいろありますが、うつ伏せに寝ると、腰痛がひどくなります。

特にやわらかいベッドでは、肩や足よりも重い体幹(胴の部分)がベッドの中央部をくぼませてしまうため、腰が沈んで腰痛をひどくしてしまいます。


腰痛がある場合は、ベッドのマットレスの下に固い板を置いたり、畳の上に敷布団を敷いて寝た方が腰が沈みません。

また、横向きに寝て股とひざの関節を曲げるのもよい睡眠の姿勢です。

仰向け寝が習慣になっている人は、穴吹式 腰痛改善の方法でひざの下に折りたたんだ毛布か大きな枕を置いて寝ると、腰の痛みがやわらぎます。