カロリーの摂取量に敏感

野菜だけを自分でつくり、その他は売っているお弁当にするという手段もないわけではありません。

ドレッシング無しのサラダや、ほうれん草のおひたしなどを一緒に買うと、カロリーコントロールをしているダイエット中でも、おすすめのランチになります。

この頃は、お弁当でもカロリーが書かれている場合があるようです。

野菜だけ家から用意し、弁当は現地調達というのもいいでしょう。

ダイエット時に弁当の選択をする時は、飲み物も入れて全部で500kcal程度になるように調節しましょう。

揚げ物が入ってなくて、野菜が多い弁当であれば、大体カロリーは少なめです。

ダイエットをしている時はカロリーの摂取量に敏感になる必要がありますが、日々の昼食を考えて、カロリー摂取量を調節していきましょう。

 

<PR>
出張に役立つ駅周辺のホテル予約 なら